高校生がポイ活トリマを使ってみた感想

お金
この記事は約3分で読めます。

*記事最後に5000マイルGETできる招待コードを追記しました。

皆さんは、最近流行っている、移動するだけで、iTunesカードやAmazonギフト券などが手に入る、『トリマ』というアプリを、聞いたことはありますか?

「えっ?!そんな便利なアプリがあるの?」

「でもそんな簡単に商品を手に入れられるなんて危険なんじゃない?」

と、思った人が多いと思うので、僕が1ヶ月使ってみた感想を書いていこうと思います。

スポンサーリンク

1.トリマは危険?

トリマはジオテクノロジーズ GeoTechnologies  (旧インクリメントP)という会社が運営しています。

この会社はMapFanなどのデジタル地図データを活用した、地図やナビサービスを主軸に様々な事業を展開しているようです。

怪しい会社ではないので、安心してアプリを使うことができるでしょう。

僕は1ヶ月間このアプリを使っていましたが、被害は全くありませんでした。

まぁ、高校生が被害に合うケースは、少ないかもしれません^^;

2.どのぐらい稼げるの?

まず『トリマ』ではマイルというものがあります。

マイルとは、商品と交換すためのポイントのようなものです。

なので商品と交換するためには、マイルを貯める必要があります。

例えばAmazonギフト券300円分を交換しようとすると、30,000マイルが必要です。

マイルの集め方

1.タンクを貯めてガチャを引く

タンク1個で1回ガチャを引くことができます。(タンクはおよそ10km移動すると満タン)

1等:100,000マイル 2等:100マイル 3等:コイン(スロット)

2.スロットを回す

スロットはコインを5枚貯めて回すことができます。

主にこの2つの方法でマイルを貯めますが、他にもアンケートに答えたりミッションを完了することで、マイルを集めることができます。

では実際1ヶ月でどのくらいマイルが貯まったかということですが、まず僕は毎日登下校で往復20kmほど移動していました。

その結果1ヶ月で約30,000マイル、約300円分貯まりました。

実際スロットやガチャは2等が何度か当たりました。

3倍速くたまるモード使って広告をほったらかしで見るようにすれば、50,000マイルは貯まると思います。

トリマを使ってみたい人は、招待コードをコピペして登録すると、すぐに5,000マイルGETできてお得です。

招待コードはこちら
35m7-uPCR

招待した人も翌日に5,000マイル入りますが、10人までの制限があるので、マックス貯まっても50,000マイルですね。

なのでまず招待コードで登録して、家族や友達にも自分の招待コードで登録してもらうと、5,000マイル×人数分のマイルが入ります。

まとめ

今回は『トリマ』というアプリについて紹介しました。
安全なアプリなので、日頃から通学や通勤でたくさん移動している人は、使ってみると良いかもしれません。

移動だけだとマイルはなかなか貯まらないので、なるべく広告流して効率よく貯めていきましょう。

また、トリマのような移動アプリを開発している会社を調べて、株の動きをチェックするのも面白いかもしれません。

ポイ活アプリでコツコツ貯めるのもいいけど、高校生からお金の知識を身につけると、もっと効率よく増やすことができると思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

にほんブログ村 大学生日記ブログへ

大学生ランキング

最後まで読んでいただきありがとうございました!
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学1年生へ

大学生ランキング
お金
スポンサーリンク
シェアする
かめごんをフォローする

コメント